La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「アコーディオンコンサートと巨大ガレット・デ・ロワ」



新しい年も早20日が過ぎ、フランスのガレット・デ・ロワの季節も終わりに近づいてきた
先週の日曜、3ツのお店の社員を対象にした、内輪のアコーディオンコンサートを開催した。

f0053008_12264971.jpg



アコーディオニストは、通称「Taca」こと、清水タカさん。
彼はパリ在住のプロのアコーディオニストで日本とフランスで演奏活動を行っている。


先般、二枚目のCDがリリースされ、弊店、Maison LANDEMAINE と、弊社、株式会社Yoshimi Boulangere International は、僅かながらスポンサーとしてCD制作に関わらせていただいた。
CDの売り上げの一部は、地球環境の保護の為に役立たせるという、彼のコンセプトに心を
打たれたからである。


CDを手にした方は、是非、スポンサー欄をご覧ください。

f0053008_12274150.jpg


今回、お店でのコンサートは二回目。
彼の素晴らしいアコーディオンの演奏は、約50名の社員達の心にどう響いたのだろう。

f0053008_17235346.jpg

(ビエノワズリーチーム)


今回のコンサートでは、弊店のヴィエノワズリーチームが腕をふるい、巨大ガレット・デ・ロワを製作。
なんと、50人分の大きさである。
ファーヴの数も多く、沢山の当たりが出た。
フランスでは、フェーブを当てた人はシャンパーンを皆に振る舞うという風習があり、フェーブが当たって、嬉しいやら、悲しいやら。。。
複雑である。

f0053008_17242837.jpg



アコーディオンの音色を耳に、皆で頂いたガレットは又最高で、今年初の弊店のイベントに花を添えてくれた。




タカさんのアコーディオン、ライブ情報はこちら


taca "La route de la soie/silkroad project"


「絹の道」〜21世紀の侍一人旅
パリを拠点に活動する日本人作曲家・アコーディオニスト taca の2作目のアルバムである。デビュー作「風の谷」と同じく、収録曲はすべてオリジナル作品。ベースはパリ在住のスズキケンタロー、ドラムはアレックス・ヴィウデス、ゲストとしてサックスのエティエンヌ・ブイエを迎えてパリで録音した。
デビュー作の自己像である「侍」、2作目のそれである「シルクロード」。自らの音楽のアイデンティティを一歩一歩確かめるように踏み固めて行く男 taca の一人旅の今後にさらに期待したくなる1枚である。


Musicians:


taca(accordion)
Kentaro Suzuki(double bass)
Alex Viudes(drums,percussions)
Etienne Bouyer(soprano sax)
ゲスト:フランボワー‘s(voix)


le 23 Janvier 2010
Open:19h30,Start:20h
チャージ:7euros/5 euros(メールで予約)


"Au cafe de Paris"
158 rue Oberkampf 75011 Paris
M2:Menilmontant M3:Parmantier
www.aucafedeparis.com



http://www.myspace.com/taca(音源)
[PR]
by yboulangere | 2010-01-21 12:29 | イベント

Bonne Année 2010

明けましておめでとう。
f0053008_1028057.jpg

2010年の幕開け。
2000年も早、10年目に突入。

昨年は大忙しのノエル、大忙しの31日で幕を下ろし、
2010年は、暦の関係で、今年は早々にエピファニーを迎える事になった。

今年のエピファニーは1月3日、私たちのお店、3店舗では、1月2日から販売を開始。

昨今見られる傾向では、様々な味のガレットを出しているお店が年々増えてきていて、
「ゆず」「抹茶」...これは単に日本ブームから来るものであると考えるが。

その他、キャラメル等。。。

弊店では、オーソドックスでトラディッショネルが一番と、
通常のアーモンドクリームのものと、自家製のコンポートポムを入れた林檎との二種類を販売。

f0053008_10282656.jpg



合わせて、Brioche au Couronne 、ブリオッシュ・クロンヌ、王冠の形をしたブリオッシュ、
別名ブリオッシュ・ボードレーズとも言われる、ブリオッシュ生地の中に、オレンジ酒と、オレンジピールを練り込んだもので、やはり、ガレットとして食べるものである。

f0053008_10303532.jpg


ガレットは、必ずオーブンで温めて、シードル(りんごの発泡酒)と一緒にいただくのが伝統である。

f0053008_10291633.jpg


フランス人に取って、ガレット・デ・ロワというのは、本当に特別なお菓子で、皆待ちに待っている。
ガレットを食べると、「あ〜新年になった」
と、そんな季節を感じさせる商品の一つである。

f0053008_10293385.jpg


この季節になると、ガレットが恋しく、ガレットを食べると新年の到来を再認識できる私は、
あ〜フランス生活が長くなったな。。。と再確認する。

写真/ヨルグ・レオマン
http://www.gourmetpilot.blogspot.com/

★★★本年も、Yoshimi Paris パンとお菓子の魔法の扉、変わらずご愛顧をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます★★★
[PR]
by yboulangere | 2010-01-07 10:30 | フランス