La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「いちごの季節にイチゴジャム」



今フランスはイチゴが旬。
とっても美味しい季節を迎えている。

f0053008_9591978.jpg


フランスのイチゴは日本のイチゴに比べて味がとっても濃く、甘みは日本のものより
少ないかもしれない。
また、香りは本当にイチゴ・・・そのものの香りがとっても強い。
もちろん、日本のイチゴもとっても美味しいが、自然に熟れた香りはフランスの方が
自然に感じる。

今年はフランスに来て初めて「イチゴジャム」を作った。
今年は時間が許す限り手作りジャム・・・と思っているが、そう続かないのはお約束。

さて、フランス初めてのイチゴジャム製作の様子をご紹介!!


真っ赤に熟れたイチゴ。
日本のイチゴに比べると中まで真っ赤。
今回はイチゴ6Kgでイチゴジャムにチャレンジ。

f0053008_9594318.jpg


イチゴは洗わずまっすぐお鍋の中へ・・・
そこに製菓用のグラニュー糖(日本のものよりも細かい)、ペクチンを加え、煮ていく。

f0053008_1003523.jpg


灰汁をこまめに取りながら炊く事役3時間。
あまり煮すぎても美味しくないし、可と言って煮えていないと日持ちがしない。
通常糖度50度まで煮詰める。
しかし、糖度計の無い私。
お皿に煮汁を落としながら火の入り具合を確認していく。
お皿に落とした煮汁が数秒後に冷えて、お皿を斜めにしても落ちてこない状態になった
ら、完成。

f0053008_101393.jpg


かき集めた空瓶に熱々のジャムを移していく。
熱々のまま瓶をひっくり返し熱処理。

f0053008_101257.jpg


焼く30個程できたフランス発「ヨシミのイチゴジャム」は翌日には研修生やお店のスタッフ、知り合いに配り、残ったのは3瓶だけ。

f0053008_1021052.jpg


今週また6キロのイチゴを問屋に注文する予定。

心を込めて作った手作りのイチゴジャムと焼きたてのバゲット、熱々ショコラの朝食は、皆の一日を幸せにしてくれる。
[PR]
by yboulangere | 2008-06-27 10:02 | その他

「結婚パーティ VOL2」

f0053008_12502922.jpg


15時。
お色直しも終わり、招待客が揃うのを待つ。
ヨルグ宅の前には、N美手作りのウエルカムボード。
これは私の会社、YBIのハートと鳩の羽をモチーフにしたとか。
心がこもっててとても素敵。

二人はすっかり用意ができ、呼ばれるのを待つが、一向に誰も呼びに来ない。
予定開始時間15時はとっくに過ぎているのに・・・

待つこと約40分・・・ここはフランス。
招待客も揃い、いよいよパーティ開始。

f0053008_1252055.jpg


f0053008_12505319.jpg


大テーブルにはブーランジェリー・ランドゥメンヌで製作された料理の数々・・・
おいしそう!

メニューは。
≪前菜≫
★色々なカナッペの盛り合わせ・・・ランドゥメンヌ特製!
★Four salé  小さな塩味のおつまみ
★キッシュ・ピザの盛り合わせ。
★アルジェリア・タブレサラダ
★ティ・ポンシュ〔フルーツ・カクテル〕

≪メイン≫
★ロースト・チキン
★ポテト・フリット
★ちらし寿司

≪デザート≫
クロカン・ブッシュ・・・ロドルフ製


新郎新婦入場、シャンパンで乾杯。
楽しい歓談・・・そしてダンス、時間はあっという間に過ぎていく。

夜10時、いよいよクロカン・ブッシュにナイフを入れ、新郎新婦が招待客にシュー菓子を取り分けていく。
〔これはフランスでは伝統行事〕

f0053008_12512487.jpg


そして、女性陣大騒ぎの、ブーケ争奪合戦。
会場はエキサイトする。

あっという間にお開きの11時。

まあ、何と8時間にも及ぶフランスの結婚パーティ。
ホントは朝まで踊るのがフランス式なのであるが、休日を返上して仕事をしてくれたスタッフは、翌日も朝から仕事の予定につき、本日はお開きに。

今回のパーティで新郎新婦からお礼に配られたお礼のお土産は、「Dorage」~ドラジェと言うアーモンドのお菓子。
新婦のN子ちゃんが前夜にせっせと詰めたとか。

f0053008_12522038.jpg


私にもお礼の花束を頂き、まるで娘を嫁に出す母のような心境になって涙がでてしまう。

結婚式というのは何度経験しても、その都度感激するものだ。
手作りの結婚パーティ、多くの人の協力の下、大成功となり、二人にとっても、私たちにとっても忘れる事の出来ない素晴らしい幸せの記憶となった。

若い二人に幸多かれ!
[PR]
by yboulangere | 2008-06-06 12:52 | イベント

「結婚パーティ Vol 1」



6月は結婚シーズン。

私たちのお店、ブーランジェリー・ランドゥメンヌでパン職人として働いてくれて
いるK君と、私の娘のベビーシッターと、やはりお店の販売をしてくれている
N子ちゃんが5月に入籍。

頑張っている二人へ、結婚のお祝いに、チーム・ランドゥメンヌから
『結婚パーティ』をプレゼント。

私の思いつきで、お店のMちゃんとN美ちゃんに幹事を任命。
余り時間も無い中、とってもアットホームで暖かい素晴らしい『結婚パーティ』
となった。

チーム・ランドゥメンヌとコラボで協力してくれた有志、
写真家のヨルグ・レオマン
そして、元YBIスタッフでもある、メイク・アップ・アーティストのサワコ。

f0053008_9572493.jpg


当日、新郎新婦控え室となった我が家へ、サワコと新郎新婦は6時入り。
早速最初の和装のメイクとヘアの準備。
着付けは何と、私が担当。

f0053008_9574283.jpg


f0053008_9575977.jpg


9時 二人に内緒で頼んであった、今パリで流行り始めているシトロエンでの
パリ観光用の車が到着。
結婚用のデコレーションを施してくれていた。
二人は感激。
私と夫、そして写真家のヨルグ、サワコが後続車にて追行。

f0053008_9581920.jpg


まずはエッフェル塔の対岸、トロカデロはシャイヨー宮にて撮影。

素敵な日本人カップル、しかも和装のN子ちゃんは多くの観光客の注目を集め
皆から写真を撮られる。

可愛い~二人。とっても素敵。

f0053008_9585265.jpg


次の撮影場所は、ヴァンドーム広場はホテル・リッツ前。
オープンカーの上部から顔を出し、満面の笑顔!

二人はその後車にてドライブを楽しみ、私たちは今夜のパーティの用意の為、帰宅。

15時から予定されているパーティへの招待客は約30名。
会場となった、写真家のヨルグ宅は、着々と準備がすすむ・・・・

私たちのお店、ブーランジェリー・ランドゥメンヌでは、定休日にも関わらず、スタッフ
総出で夜のパーティの料理の仕込みに余念が無い。

さてさて、ドライブを終えて戻ってきた二人。

これからパーティ用のドレスにお色直し。

いよいよパーティは近づく!


VOL2へ
[PR]
by yboulangere | 2008-06-05 09:59 | イベント