La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「バレンタインデー」


☆パリのバレンタイン特集~今年のショコラ☆
☆メゾン・ド・ショコラ/ジャン・ポール・エヴァン☆

2月14日はセント・バレンタインデー。
日本では、女性が男性に愛を告白する日とすっかり定着している。
思い起こせば、私も小学生の時、ひそかに抱いた恋心をチョコレートに託してバレンタインデーにプレゼントした記憶がある。

日本ではすっかり定着している愛を告白する日、起源は何なんだろうと、調べてみた。

ウイキペディアフリー百科事典によると、起源はローマ時代に遡るという。
家庭と結婚の女神ユノのお祭りの日に、キリスト教司祭だったウァレンティヌス(ヴァレンタイン)が処刑されたのだそうである→詳しくはこちらで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC

背景にはやはり愛の物語があったようである。

さて、日本では、本格的にチョコを送るという習慣になったのが1968年というから
そんなに古い歴史ではなく、逆に現代に作られた習慣と言ったほうが良い。

そしてフランスでは・・・
ヴァレンタインという日は存在するし、その日に贈り物を贈る習慣も無くはない。
が、男性が女性にお花を贈ったり、色んな贈り物をしたり、チョコレートという決まりは無い。
しかし、ショコラティエでは、ヴァレンタイン用のパッケージというのが存在する。

マドレーヌにあるメゾン・ド・ショコラへ取材へ行ってみた。

f0053008_10192040.jpg


f0053008_10204524.jpg


今年のヴァレンタインのパッケージは、本を象った箱。
箱は赤で統一されていて、中には、ボンボンショコラ、そしてハート型のボンボンショコラが
一つ入れられている。
このパッケージは、女性の心をくすぐるし、男性が女性に贈っても、とっても素敵だなと思う。

f0053008_10202139.jpg


ちょっと驚いたのは、裏の表示に日本語がある事。
あーきっと、日本向けに作られたんだな。。。と、思わずにはいられない。
また、ボンボンショコラ以外も、チョコレートの商品はさすがにどれも素晴らしく
全部食べてみたくなってしまう。

f0053008_10212027.jpg


f0053008_10213766.jpg


次に行ったのは、サントノ-レ通りにある、ジャン・ポール・エヴァン。

f0053008_1022973.jpg


私はここのショコラは大好物で、中でも栗が使ってある「マロン」に目が無い。
今回も購入。。。
こちらは、得にヴァレンタインのパッケージを用意しては無かったが、ジャン・ポール・エヴァンの
ショコラである。何も変わった細工をしなくとも、愛する人のハートはGETできるに違いない。

f0053008_10223610.jpg


しかしながら、日本のヴァレンタインでのチョコレートの消費量は恐るべき数字で、
一年で消費される4分の1量が、この一日で消費されるらしい・・・

何の歴史も、背景も無く、カトリックでも無い日本人。
お祭り好きというか、行事好きというか、踊らされやすい民族というか・・・

しかしながら、チョコをもらった男性は心から嬉しそうだし、こういう行事も悪くは無いなと思う。
もちろん、チョコレート業界が作った行事ではあるが、今となっては、日本文化とも言えなくも
無い。

皆様もお揃いで、甘~~い、ヴァレンタインデーをお過ごしください。
[PR]
by yboulangere | 2008-01-30 10:23 | お菓子

「今年初めてのパン屋さん巡り②」


f0053008_13553367.jpg


お昼を挟んで行ったのは、足を延ばしてブローニュへ。
ブローニュ・ジョンジョレスにあるグルニエ・ア・パン。
ここはグルニエ系の中でも大きな、郊外型のお店。
2007年にバゲットコンクールで優勝している。
その他、沢山の賞を取っている。
若いシェフ、アントニーにも久しぶりに会い、昨年お世話になった研修生の話をして、帰った。
ここはグルニエパンなので、商品コンセプトはどのお店も同じ。
グルニエパンはいまやパリでは大手である。

f0053008_13554830.jpg


続いて、オデオンにあるジェラール・ミュロ。
何でも、売却されるとの噂を小耳に挟んだので、行ってみた。
もちろん、フランスの場合は、売却されても、外目からは何も解らない。
変化はない。が、まだ売却された雰囲気ではなかった。
ショーウインドウのガレットは、流石に綺麗だった。
ココのお店はパン屋というよりは、パティスリーとショコラ。
そしてトラットリアのお店で、お惣菜類はやはり、可也高級感。。。
しかしながら、お店はそんなに賑わっていなかった。
やはり、一時代が終わったのかと髣髴させた。

f0053008_1356491.jpg


最期に寄ったのは、17区にあるメデールと言うお店。
ここのオーナーシェフはアルザシアンで、アルザスのお菓子やクグロフが買える。
このお店も、過去に2度バゲットコンクールで受賞しており、大変な繁盛店である。
また、ガレットコンクールでも優勝していて、その年は、何と7000個のガレットを完売
したそうである。
今でも、お客は絶えず、外まで長い行列だった。
ここのバゲットはレトルドール。
グルニエパンと同じ小麦粉を使用しているのだが、製法の違いで、可也食感は違う。
とってもしっとりしていて、翌日でもその品質は変わらない。
焼きたてを一本買って、直ぐに頂いた。
う~・・・美味しい~
ココのお店は、まだオーナーさんとのコンタクトは無いので、今年は新しく
契約店にしたいと思っている。


そんなこんなで、一日回ったパン屋巡り。
でも、やっぱり一日では無理。。。
今年も暇を見てはパン屋をまわり、沢山のオーナーさんとお友達になろうと思う。

何故なら・・・
私はデパート巡りも雑貨屋めぐりも、サロン・ド・テ巡りも、全く興味無く、どんな
場所にいるよりも、パン屋の厨房が一番落ち着く場所だから・・・である。
[PR]
by yboulangere | 2008-01-23 13:56

「今年初めてのパン屋さん巡り①」



ひさびさ、と言っても、昨年末以来かな・・・今年初めてのパン屋さんめぐりをして来た。
結構一日歩いたのだけど、途中でレストランで昼食を取ったりして、結局そんなに沢山は回れなかった。

f0053008_10192037.jpg


まず、最初に行ったのは、7区のムーラン・ド・ヴィアージュ。ここのお店はこの系列店の中で一番新しく、私は一番気に入っているお店。
内装は、中世のままを使っていて、まるでホテルのエントランスの様。。。
パンも田舎風で、ルヴァンがたっぷりと使われていて、魅力的に仕上がっている。
ここのオーナーさんはパン職人さんで、自然の風合いのパンが大好きなんだとか・・・
お店の雰囲気も、トラディッショナルで統一されているところからも、コンセプトは伺える。

f0053008_10193656.jpg


次に直ぐ近くのジュリアンへ。
このお店は、バゲットコンクールで数回受賞をしている、実力派。
7区のお店は本店の直営ではないが、コンセプトは揃っている。
私は良くココに来るが、ノエルにしても、何時の時期も、お店のデコレーションが凄い・・・
凄いというか・・・私の好みではないな・・・と言う感じ。
この通りで一際目立っている。
私がここのお店で好きな商品は、薄いフィユタージュの生地の上に、ミンチと、チーズ、野菜、そして真ん中に卵(この焼き具合が半熟でおいしい)が乗っているピザ。
これは、温めて食べても美味しいし、冷たいままでも結構イケル。
生地がパン生地ではないところも、軽くて又美味しい。

f0053008_1019564.jpg


3軒目は、お隣の通りにあるプージョランへ。
現在はプージョランではなく、セコと言う名前になった。
売却されたわけである。が、お店のコンセプトは以前と同じ。
しかし、パンの品質は可也落ちたと残念に思う。
隣に増築された、パティスリーのウインドウはなかなか私の好みである。
何気ない棚に林檎がゴロゴロと転がしてある。それだけ。
しかし、とても素敵。
これを見たら、林檎のタルトとか買いたくなる。
また、ここはオフィス街とあって、このお店はお昼のメニューがとても充実している。
テイクアウトできる簡単なピザとか、サラダ類。
お昼時とあって、お店は沢山の人で賑わっていた。



まだまだ回ったお店は沢山・・・
続きは次回に。

www.yoshimi-boulangere.com
[PR]
by yboulangere | 2008-01-22 10:20 | パン

「謹賀新年2008」


新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変おせわになり、有難うございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

f0053008_11233067.jpg


フランスの新年というのは、何ともそっけないもので、クリスマスで其の年は終わり・・・
という感覚がある。
新年は、ただ、2007年が2008年に変わる・・・暦が変わるという認識でしか無い。
ヨーロッパにおいては、アジアのように、新年に対する強い思いは無いのである。
それは、宗教的なものであると思う。

新年になって、静まり返っていたパリの街に活気が戻ってきた。

今日は皆が待ちに待った、エピファニー。キリスト教の公現際である。

★★★公現祭(こうげんさい、ギリシア語:エピファネイア(επιφάνεια 現れ、奇跡的現象の意))は、人としてこの世に現れたイエス・キリストが神性を人々の前で表したことを記念するキリスト教の祭日。〔ウイキぺディア百科事典参照〕★★★

そう、エピファニーから食べ始めるのが、今や日本でも名前を知られ始めた、「Galette de Roi」ガレット・デ・ロワ!!
ウチのお店では、昨日から販売を始めたのであるが、昨日今日の2日間で、何と、300個のガレットを完売。

弊店のガレットは、一種類。
フィュタージュにアーモンドクリームを挟んだ、クラッシックタイプ。
今日日曜日は、お店の外までの行列が切れず、一日中大忙しでだった。

f0053008_1124432.jpg


最近は、商売目的で、早くからガレットを販売したり、色んな味のものを販売したりと、可也伝統がくずされている感も否めないが、
それでも、弊店は、王道を突き進み、悪魔でも、クラシックを通している。

この、ガレット・デ・ロワと同じ様に、中にフェーヴ〔小さな陶器のおもちゃ〕を入れて販売するのが、ブリオッシュ・ボードレーズ。
こちらも、王冠と一緒に販売する。
ブリオッシュで出来た、王冠のパンである。

f0053008_11241842.jpg


ガレットも、ブリオッシュもどちらも超人気の商品で、エピファニーを迎えて、ようやくヨーロッパの新年に活気が出てくる。

1月3日に行われた、ガレット・デ・ロワ コンクールの結果も、そろそろ発表になるころ。
結果は追って、ブログにてご紹介する予定。


クリスマスから、ガレットまで、食べて食べて食べまくりの年末年始。
ガレットが終わったらちょっとダイエットしなくては・・・というこのごろである。


本年も、フランスの美味しい情報を発信していきます。
どうぞ、ご愛顧くださいませ。
[PR]
by yboulangere | 2008-01-07 11:24 | お菓子