La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「林檎の発泡酒 シードルの現場から~レポート」


秋といえば、林檎。
日本も可也美味しい林檎が生産される国だけど、フランスで林檎といえば、ノルマンディ。
ノルマンディは林檎の産地としてフランスでは大変有名な地方です。

シードル〔cidre〕という林檎の発泡酒は日本ではあまり馴染みは無いけれど、フランス、特に西の地方では毎日の様に飲まれている、飲料です。

今日はノルマンディ地方、パリからTGVで約一時間半のLAVAL,そこから車で50キロ走った、MAYENNEにあるシードル農家から、シードルの製造行程をレポート!!!

フランスの林檎は、日本のものに比べると小粒で酸味が強いのが特徴。

f0053008_1213812.jpg


まずは、林檎を洗い、機械で砕いていく

f0053008_1215735.jpg


f0053008_1224048.jpg


細かく砕かれた、果実

f0053008_1225749.jpg


その次に、絞った果汁が大きな樽に入れられ、寝かされる。

f0053008_1231178.jpg


その後、発酵行程を経て、瓶詰めされていく。

f0053008_1232784.jpg


現在は林檎の粉砕は機械によって行われるのだが、機械の無かった時代は、この道具で林檎を粉砕していたと、オーナーさんに説明してもらった。
これは、周りの溝の部分に大きな石が入れられ、馬がグルグル回りを回って、その石を引っ張り、中にある林檎をつぶしていたのだと。

f0053008_13163389.jpg


ノルマンディは林檎のお酒は欠かせないから、秋10月と11月の2ヶ月間は、シードル農家は仕込みで大忙しだそうだ。

この農家は、林檎のシードルの他、洋梨で作るポワレ。林檎で作るブランデー、カルバドス。
その他、沢山の果実酒や、ジャム、パテなどを製作している。

ちなみに、シードルは、アペリティフ〔食前酒〕としても、食事と一緒のお酒としても楽しめる。
洋梨のポワレは、シードルに比べるとあっさり味で、これは、食事と合わせていただくことが多い。

この農家はご夫婦で経営されていて、家庭的な味に私はハマってしまっている。
フランスでは、有名な某ジャム店もあるが、私はここのジャムが一番好き。

次回は、ここのご自慢の自家製ジャムをご紹介しましょうね。

我が家では、このシードル、殆ど毎日といって良いほど頂いていて、日本で言う、ビールの役目みたいな感じと言っていい。

さっぱりと、甘く、フルーティな香り。
これは、一度ハマルと、なかなかのもの。

ちなみに、お値段は、一本750ML入りで、2ー3ユーロくらいとお手ごろなので、皆さんもフランスに来られたら是非、お試しくださいね~。

www.yoshimi-boulangere.com
[PR]
by yboulangere | 2007-10-23 12:04 | フランス

No,1 「PARIS ブーランジェリー・パティスリーの秘密 

Vol.2 小麦粉の舞台裏」

f0053008_10253827.jpg


パン作りにも、お菓子作りにも欠かす事の出来ない材料は「小麦粉」
名の通り、小麦のを引いて粉にしたものなのだが、さて、さて、小麦が粉になるまでは
どういった行程なのか???

もちろん、これは、世界共通の技術なので、フランスも日本も同じ。

f0053008_1026812.jpg


f0053008_1026285.jpg


まずは、小麦が農家から運ばれてくる。
そして、大きな筒の中へと運ばれる。

筒からは、ローラーへ小麦が落ちるしくみになっていて、落ちた小麦はローラーによって粉砕される。
この時におおまかに、小麦の皮の部分と、中身の白い部分に分けられる。

f0053008_10265017.jpg


その後、空気の力によって管を小麦は通っていき、次の工程へ。

ここでは、何度も篩にかけられ、粗い目~細かい目へと分けられていく。
ここで取れるの全粒粉。

細かい目に分けられた小麦粉は更に管を通り、様々な配合へブレンドされていく。

ブレンドされた粉は、その粉のルートを通り、ラベルのついた粉袋へと入れられる。

f0053008_10271826.jpg


粉袋は色々なサイズがあるが、フランスでは、50キロが主流。
最近は、小さなサイズ25キロ入りも作られ始めているが、その昔は、100キロだったと言うから、昔の人は力持ちだったのだろうな。。。と伺える。

袋詰めにされた、小麦粉は倉庫で寝かされて、出荷を待つ。

小麦が大地の恵みを得て大きく育ち、人の手によって粉になる。
そして、職人の知恵と手、汗によって今度は食物へと生まれ変わる。
更には、人の口に入り、命を支える。

粉、されど、粉。
この小麦に魅せられて17年。
まだまだ知らない事だらけである。


★★★小麦粉クイズ★★★

Q)小麦粉って何種類のグルテンの強さに分類されている〔日本の場合〕?
1...3種類 2...4種類 3...5種類 4...6種類


Q)日本のラーメンって何粉で作られる?
1...強力粉 2..中力粉 3...薄力粉


Q)フランスのグルテンの強さと質は何で表す?
1...アルファベット 2...数字 3...記号


★答えは、コメントで回答してくださった方のみ、お答えしま~す★
[PR]
by yboulangere | 2007-10-01 10:28 | パン