「ほっ」と。キャンペーン

La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:YB Staff( 9 )

「お陰様で満一歳。株式会社YBI創立記念日」

★★一周年記念 お楽しみレシピブック付き/フランス製粉会社
フォーリシャーオリジナルエプロンを抽選で2名様にプレゼント★★
〔応募方法はブログ末部をご覧ください〕

f0053008_10141746.jpg


今日8月10日はわが社、株式会社Yoshimi Boulangere International のお誕生日。
お陰様で、わが社は今日で一歳になりました。

この一年間、小さいながらも沢山の方に出会い、たくさんの方
に支えられ、教えられ、そして沢山の良いお仕事に恵まれました。
また、パリ9区にBoulangerie Pâtisserie LANDEMAINEを開店する事も出来ました。

これも一重に、株式会社YBIを支えてくださっている沢山の方々の
ご支援の賜物と、心から感謝いたしております。

2006年に誕生したわが社も、今日で一歳。
やっと立って歩けるくらいに成長してきたのでは無いかと、自負して
おりますが、これからも、多くの方にご支援ご鞭撻をいただきながら
わが社の理念である、
「大地の恵みに感謝し、食を通じて各国の架け橋となる」
を常に念頭に置き、社員一同精進して参る所存です。

小さいながらも、パリ事務所、東京事務所、そして、秋から本格的に
稼動するイタリア事務所を拠点に、「食」を通じて
沢山の新しい発見や、沢山の新しい出会いが、YBIを通じて世界中に
広がっていく事を夢見て、社員一丸となって2年目も頑張って参ります。

今後共宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 石川芳美
取締役専務 新川真美
取締相談役 ロドルフ ランドゥメンヌ
東京オフィス ディレクター 望月真由美
イタリアオフィス ディレクター 藤岡葉子

★★一周年記念 お楽しみレシピブック&エプロンプレゼント応募要項★★

商品 
-フランス製粉会社 フォーリシャー オリジナルエプロン
-お楽しみレシピブック〔Boulangerie Pâtisserie LANDEMAINE PARIS
の人気商品の中から、シェフが選んだ数点の商品のレシピを
一冊にまとめました・・・
アマチュアの方も気軽にお家で楽しめる様にアレンジをしています〕

f0053008_1014389.jpg


f0053008_10145346.jpg

 
★応募方法★
①氏名 ---発表の際のニックネーム
②住所
③電話番号
④ブログの感想
上記を ybinfo@yoshimi-boulangere.com までお送りください。

締め切り 8月31日 当選者の発表はこのブログにて行います。

抽選の上、当選者2名様にフランスより直送にて 
フォーリシャーオリジナルエプロンをお送り致します。

商品の到着は9月末~10月初旬の予定です。
[PR]
by yboulangere | 2007-08-10 10:15 | YB Staff

「Yoshimi Boulangere 新スタッフ紹介」

★★★パリオフィス YURIKO KUSAKABE★★★

f0053008_10304591.jpg



7月からパリオフィスに新人スタッフの有理子ちゃんが入った。
ゆりちゃんは、半年前に来仏、お料理の勉強を目指し、まずは語学学校にてフランス語を勉強していた。
約半年間、研修させてくれるレストランや、料理の専門学校を調べたが、なかなかピンと来ず、悩んでいた矢先に私の知人を介して紹介私たちはめぐり合った。

ちょうど、パリオフィスも私の秘書兼スタッフを探し始めていたところで、早速翌日からパリオフィスにて研修を開始。
ちょうど一ヶ月になる。
8月から今度はアルバイトとして仕事が始まる。
更には、来年より、正式社員として、私のパリの右腕となってくれる。

f0053008_10312970.jpg

ゆりちゃんには、弊社の仕事を通じて将来はフランス料理のスペシャリストとして活躍して欲しいと思っている。
「料理コーディネーター」として。

9月より、新契約店、LE TRIOMPHEにて料理の研修を始める。
また、現在、弊社ブログ、YBサロン・ド・テにて、ブログを書いている。

http://blogs.yahoo.co.jp/ybcafe2006

今後の若い二人の成長と活躍が楽しみだ。

f0053008_10315062.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-08-01 10:33 | YB Staff

「Yoshimi Boulangere 新スタッフ紹介」

★★★東京オフィス NAOKO YAJIMA★★★

6月より、東京オフィスに新スタッフが入った。
NAOKO 奈緒子ちゃん。

f0053008_11255430.jpg



現在中央大学の3年生。フランス語も急激に上達し、将来が楽しみな21歳の女の子である。
彼女は、今年、トゥールでの3ヶ月の語学留学の後、パリのパン屋さんでパン研修。その後帰国。
YBのイベントに参加してくれたりしているうちに、彼女の方から、東京オフィスのスタッフとして弊社で働きたいとオファーがあった。

東京オフィスはそれまで、今回専務取締役に就任する新川が一人で切り盛りしてきた。
私が独立して2年、皆様のおかげで、東京オフィスは日に日に業務が増え、忙しくなってきた。

f0053008_11251629.jpg

f0053008_11252433.jpg


若い奈緒子ちゃんの力を是非借りようと、受け入れを決定。
6月からは週1回の研修を開始。
そして、8月2日、明後日、いよいよパリにやってくる。
今回は語学のマンツーマンレッスンと、パリオフィスでの研修。
また、9月にオープンする、夫と私のお店 Boulangerie LANDEMAINEでもオープン前の手伝いをしてもらう。
パリ滞在は2ヶ月の予定である。


パリでの研修の後、東京オフィスにて本格的にアルバイトとして新川のフォローや、フランス語の書類の作成に当たってくれる。

そして、彼女のたっての希望である、2008年の大学卒業後、弊社に就職。という願いを叶えるためにも、私を筆頭に、社員一同精進を重ね、会社を拡張していきたい。

2007年秋には、弊社より、就職内定を出す事が、今の私の目標であり、大きな可能性を秘めた一人の女の子の人生に関わる重大な責任も感じるこのごろである。

それにしても、奈緒ちゃんの笑顔は愛らしい。
これからフランスと日本の架け橋の担い手として、愛らしい笑顔と共に成長して欲しいと願う。

YB Staffで運営しているブログ” YB Salon de Theに来週から、Naoちゃんパリ研修日記も
掲載予定です!! http://blogs.yahoo.co.jp/ybcafe2006  

明日は・・・★★★パリオフィス YURIKO KUSAKABE★★★
[PR]
by yboulangere | 2006-07-31 11:26 | YB Staff

「イタリア・ミラノ食ベ歩きの旅」

No.1 イタリアのブーランジェリー・パティスリー

6月の下旬にイタリアはミラノへ行って来た。
今回は、弊社イタリアオフィスの開設が一番の目的であったが、同時にミラノで美味しいものを食べ歩くという大切な目的もあった。

f0053008_1764220.jpg
f0053008_1765339.jpg
f0053008_177143.jpg


パリを夜8時30分の夜行に乗り、一路ミラノへ。
ミラノに到着したのは朝の6時30分。
10時間の電車の旅であったが、あっという間であった。

ミラノに着き、イタリアオフィス担当者小原みほさんと合流。
ミラノ食べ歩きの始まり。

まずはミホさんが抜粋してくれていたパティスリーへ。
イタリアのお菓子は見た目は殆どフランスのものと変わらない。違うところはジェラートがどこのお店にもあることだろうか。
しかし、パン屋さんは特徴がある。
連れて行ってもらったお店は南イタリアのブーリア州の伝統的なパンを作っているお店。
ブーリア州で有名なのは帽子の形をしたパン。
スローフード教会のプレシディオにも指定されているそうである。
詳しくは↓↓↓・・・〔パンの写真を見ることが出来ます。〕
http://www.yoshimi-boulangere.com/itindex.html
シェフもとっても明るい方で、少しフランス語も話せるから直接お話が出来た。

研修生の受け入れもOKしてもらい、いよいよYoshimi Boulangere の体験プログラムがイタリアへ進出。
フランスだけでなく、イタリアと日本を結ぶ食文化交流を目指す。

イタリア食べ歩きは始まったばかり・・・

明日は・・・No.2 イタリアのパンの味
[PR]
by yboulangere | 2006-07-07 17:11 | YB Staff

「はじめまして株式会社Yoshimi Boulangere スタッフ紹介」最終回

f0053008_10183164.jpgf0053008_10184722.jpg







コーディネーター 近藤佐和子

通称 サワ、又はサワちゃん。
私は両方で呼んでいる。

彼女と知り合ったのは、シゲと同じ席での事。
二人は恋人同志である。

色白で、目が綺麗な、とっても美しい彼女の本職は’ヘア・メークアーティスト’
日本で可也のキャリアを持ち、愛するシゲを追い掛けてフランスへ渡ったのは200
4年の事。
今では弊社HPで、サワちゃん独自のセンスと視線からエッセイを書き下ろしてくれて
いる。 www.yoshimi-boulangere.com

また、美しさと、細やかな心配りは故知論の事、彼女は職業柄、ずば抜けたセンスの
持ち主で、弊社のモード発信源としても活躍を期待している。


弊社で仕事をしてくれる様になって丸一年。
今では、しっかりと弊社のコンセプトを理解し、しっかりと仕事をしてくれる。
頼りになる、いなくては困る、大変優秀なスタッフである。
また、私にとっては、パリの妹の様な存在で、サワの顔を暫く見ないと寂しくなって
しまう程である。
会えば、抱き着いて
「ボンジュール~♪」
何かにつけて忙しい彼女を引っ張り、ご飯食べて帰れとか、甘えてしまう私である。

スタッフ4人という小さな小さな会社であるが、皆誇りを持って仕事に取り組んでい
る。
小さくても国際的な仕事をしている!!!
食文化を伝えるんだ!!!
って。

会社は会社の大きさでは無く、志しが大切と、そう思っている。
これからこのスタッフと共に、夢を大きく掲げて頑張って行きたい?でも、少しは大きい会社に成長させたいが・・・

どうぞこれからも宜しく。
愛するスタッフ達。
f0053008_1019227.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-04-21 10:19 | YB Staff

「はじめまして。株式会社 Yoshimi Boulangere Vol, 2 スタッフ紹介」

f0053008_11471245.jpgf0053008_11455012.jpg










新生Yoshimi Boulangere スタッフのご紹介。

No,3 YB Paris Staff Shigeyuki WADA  和田 茂行

通称シゲ。
シゲとの出会いはホント、運命的であった。。。
遡る事2年前、まだ私が独立して間もないころ、日本から一人のパンの研修生がパリに来られた。
私は丁度独立準備の為、日本に帰国していて、その方の通訳が出来ず、人を通してある日本人男性を紹介してもらった。
その人とは、Shigeyuki WADA・・・シゲである。

その研修生の方はパリ7区、モンジュ通りにある、Boulangerie du MONGE(ブーランジェリー・モンジュ)で短期間の研修をされるためにパリに来られた。
通常研修の際は、初日は通訳が同行することになっている。
研修で来られる方は殆どフランス語はお話にはならないから・・・

ある人を介して紹介してもらったシゲとは、研修生の情報とか、お仕事の依頼をメールで行い、私は彼の名前、「和田 茂行」という名前だけを知り、その後会う事は無かった・・・

それから半年以上経った、2005年の3月・・・忘れもしないあの夜。。。

友人の招待で行った日本食レストランで運命的に出会う事になる。
その夜、偶然にも、私とシゲは真向かいの席についた。
シゲも又、友人に招かれて食事会へ来ていた。
宴も進み、暫く話していて、私は自己紹介と自分の仕事の説明を・・・シゲもまた自己紹介・・・

あれれ???
どこかで聞いた。。。シゲユキ・・・ワダ シゲユキ・・・

お互いに目を見合わせて・・・・「え~っつ???もしかしてえ???」

そう、紛れも無く、私が通訳を依頼して、バイト代を支払った、あのワダ シゲユキであった。

その後私の会社を手伝ってくれる様になり、今ではわが社には欠かせないハンサムボーイ???
わが社には欠かせないムードメーカーである。
更には、いとおしい、いとおしい、パリスタッフである。

現在は同行通訳、パリパン屋、お菓子屋案内人として、活躍。

何を隠そう、シゲは、ハンサム・フランス料理人である。

そう、星付きレストランで働いているコックさんである。

これからもよろしく。シゲ。

詳しくは過去ブログ
「 レストラン Marius et Janette」
4、AV GeorgeV75008
ミシュラン★をご覧ください。
f0053008_11464830.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-04-11 11:48 | YB Staff

「はじめまして。株式会社 Yoshimi Boulangere Vol, 2 スタッフ紹介」

f0053008_10585689.jpgf0053008_1059884.jpg







新生Yoshimi Boulangere スタッフのご紹介。

No,2  Conseiller Rodolphe LANDEMAINE
     相談役 ロドルフ ランドゥメンヌ

今回相談役として私の会社で一役買ってくれる事になった、夫のRodolphe。
ブログでは何度も夫を紹介してきたが、彼はパティシエ。
18歳でお菓子の世界に入り、その後2年あまりでフランスのコンクールで数々の賞を取る。
その後ベルギーに行き、更にチョコレートとお菓子の腕を磨く。
20代前半の若さで、ラ・デュレや、ピエール・エルメ、ブリストル・・・等の数々の有名店でシェフを勤め、27歳でオーナーシェフとしてお店を持った。

若い時からその才能に期待を寄せられ、MOFを取得する様にと薦められたそうであるが、本人は肩書きには全く興味の無いタイプであり、話を蹴ったという。
現在は一店舗目に区切りを付け、更なる飛躍を目指し、2店舗目の開店を目指す。

私の夫として私を支えてくれるというプライベートな面と、会社の相談役として日本のパン、お菓子業界への貢献が出来ればと力を入れている。

昨年11月に私の講習会時に、日本で初めての講習会のアシストをしてくれ、この4月には鳥越製粉での勉強会で講師をしてくれる。
お菓子の世界は私は専門ではないので、夫の力は偉大である。

唯一つ・・・お願いしたいのは、日本語の勉強を始めて欲しいな・・・って事。
夫が覚えたての日本語の単語を話すとき、とっても変な感じがして会話にならないのではあるが・・・。

家庭と仕事が全て共通の私達であるが、末永くよろしく・・・愛する夫、ロドルフさん。
f0053008_10592288.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-04-07 11:00 | YB Staff

「はじめまして。株式会社 Yoshimi Boulangere Vol, 2 スタッフ紹介」

f0053008_1005795.jpgf0053008_1044065.jpg








新生Yoshimi Boulangere スタッフのご紹介。

No,1 専務取締役 新川真美 

専務取締役には昨年2月から東京オフィスで活躍、私の女房役の新川真美。

新川真美はお父様の仕事の都合でアメリカ、マサチューセッツで、大学時代をすごし、現地の大学を卒業。
その後日本で留学関係の会社に勤務後、運命的に私と出会う。
かれこれ2年余りの付き合いになるが、2005年2月より弊社東京オフィスで私を支えてくれている。
今回の会社設立と同時に「専務取締役」の責務をになってくれる事になった。
アメリカ生活の経験を持ち、英語も堪能。
英語の苦手な私のフォローは完璧。
今では彼女無しでは弊社は沈没してしまうほど、弊社の心臓部をしっかりと守ってくれている。
彼女は私に絶大な信頼をよせてくれていて、私と新川には共通の夢がある。
世界を股に掛けて活躍したい・・・。
夢がかなうのはいつの日か。

パリと日本には夏時間で7時間の時差があるが、彼女との仕事に時差は無い。
私が朝起きて、まず話しをするのは新川である。
毎日「おはよう」と、まず話すのは彼女。
私の体調の良い時は朝4時くらいから自宅の事務所で仕事を始める。
「おはよう、今日も一日よろしくね」
私と新川の朝の挨拶である。
今はインターネット電話という便利なものがあって、一万キロ離れていても新川と私はとても近い距離にいられる。
彼女は一人で東京オフィスを守ってくれている。
いつの日か、成功して彼女の部下を雇いたい。
今の私の夢である。

私は夫がいて人間生活としての結婚。
一方では、仕事上で新川と夫婦のような程よい信頼関係を持てた事に幸せを感じている。

これからが弊社の活動の本番である。
もう、私一人の会社では無い。

いつまでもよろしくね。新川。
二人の夢に少しでも近づける様に・・・頑張ろうね。
f0053008_1041625.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-04-06 10:05 | YB Staff

「はじめまして。株式会社Yoshimi Boulangere」

f0053008_10544081.jpg


Vol, 1 パン専門コーディネーター Yoshimi Boulangere

パン専門コーディネーターって何ですか???って良く聞かれる。
フラワーコーディネーターとか、デーブルコーディネーターとか、今ではどんな職種を指すのか誰でも解るが、
「パン専門コーディネーター」って言っても ピン!と来る人は余り居ない。

パン専門コーディネーターとは、職人である私が、持っているパンの知識を利用して、パンとお菓子に関するあらゆるお仕事をするもので、主には、体験研修企画、技術指導、商品開発、市場調査、専門通訳・・・など等、フランスと日本の両国間で出来るあらゆる事をおこなっている。
今は活動は主にフランスはパリであるが、年に2回から3回は帰国し、日本でも数々の講演会やセミナー勉強会、商品開発や技術指導等の活動も行っている。

そもそも私はパン職人で、長年パンを作って仕事にしてきた。
日本で10年、フランスで4年。足掛け15年が過ぎた。
しかし、フランスに来て1年のころ、体中に痛みが走り病院を回った。
数軒の病院を回ってやっと病名が解った。
「肋軟骨炎」
肋骨を支えている軟骨が変形し、炎症を起こして神経を刺激していた。
これが腰だと「ヘルニア」になる。
職業病である。
痛みは肋骨を過ぎ、体中に回っていて、すぐさまドクターストップ。

パン屋で働けなくなったときに偶然が重なってパンのコーディネーターっていう事が出来るかも知れないと知った。

その後2004年に本腰を入れようと独立し、Yoshimi Boulangere というパン専門のコーディネートの事務所を立ち上げた。
最初はどうなることか・・・と不安ではあったが、フランスのパン屋さんの暖かい励ましと、日本のお取引先の方々に支えていただき、2005年には東京赤坂に間借りで事務所を借りる事が出来た。これも事務所の一角をお貸しくださっている社長さんのおかげである。

2006年の今年、いよいよ株式会社になる。
株式会社というとお金持ちの様に聞こえるが、お金があって株式会社にする訳ではなく、運良く会社法が改正になり、私の様な小さな構えでも株式会社にする事が出来る様になる。なんて運がいいのだろう・・・

2006年5月に 株式会社 Yoshimi Boulangere www.yoshimi-boulangere.com が誕生する。
この会社名はフランスに渡った当初から現在に至るまで、私のフランス語の個人レッスンの先生をしてくれているLilaが命名してくれた。
フランス人にもわかりやすく、とても可愛い雰囲気があると。

私が頭の中で必死で考え、得たアイデアが仕事になり、一人で始めた仕事が、今では東京オフィス、パリオフィスと、小さいながらも4名の所帯になった。

アイデアが仕事になり、今では責任が生じた。

本当にありがたい。感謝である。
しかしながら、会社としてちゃんと世の中に貢献出来る様になることが、全てへの恩返しであると思っている。
頑張らなくては。

明日は・・・
「はじめまして。株式会社 Yoshimi Boulangere Vol, 2 スタッフ紹介」
f0053008_10545821.jpg
f0053008_1056251.jpg
[PR]
by yboulangere | 2006-04-05 10:57 | YB Staff