La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

『ヨーロッパのパンとお菓子を巡る Part 2 〜ロンドン特集〜』

London Vol, 4  〜ロンドンの色んなお店〜 
f0053008_20361995.jpg













f0053008_2038547.jpg
ロンドンの色んなお店をご紹介。

<花屋さんと八百屋さん>
高級住宅街へ行く道でイギリスらしさたっぷりの花屋さんを発見。
パリの花屋さんとは雰囲気が全く異なっている。
パリの花屋さんはどちらかと言うとブーケ中心のプレゼンテーションで店頭が飾られているのに対して、ロンドンの花屋さんは生花が咲き乱れている様な感じを受ける。
お花畑に迷い込んだ様。。。
驚いたのは、お花屋さんの横には八百屋さん。
パリでは考えられないな。。。

良く考えてみると日本も昔は八百屋さんにお花屋さんって一緒だったような気がする。
青果って言うジャンルで考えると同じだ。

<サロン・ド・テ>
イギリスと言えば紅茶。
午後はスコーンにビスケットでお茶というのはイギリスのイメージで定着している。
やはり高級住宅街に抜ける道にオシャレなサロン・ド・テを発見。
そっと中を覗いてみると、う〜ん。イギリスだなあ。。。
今回は中に入ってお茶はしなかったけど、次回は是非イギリスのティータイムを体験したいものだ。

<アーケード>
夕暮れにアーケードを通る。
パリのアーケードと比較すると広々とした印象を受ける。
大道芸人がパフォーマンスを始める。
ここでもパン屋さんらしいお店は見つけられない。
あるのは、サンドイッチに軽食屋さん。

ロンドンのお店はフランスとは全く違う雰囲気を持っている。
国が違うのだから当たり前ではあるけれど、海峡を一つ越えるだけで、これほどにも文化というのは違うものかと、改めて感じた。

イギリスは燐とした、何となくシャッキっとした空気を持っている気がする。


London Vol, 5  〜ロンドンパン屋さん事情 ロンドンのPAUL〜
f0053008_20391775.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-02-15 20:40 | ヨーロッパ