La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

「お家でレストラン」


4月最初の日曜日、YBIパリスタッフである料理人シゲに依頼した「お家でレストラン」
をご紹介。
3月末に日本から私の両親、そして叔父と叔母がパリ入り、何か美味しいフランス料理を
食べてもらいたいなあ・・・
とずっと考えていたのだが、高齢の両親を連れてのレストランも気が向かず、シゲに依頼。
素晴らしい一夜となった。

f0053008_10282697.jpg


料理人であるシゲは、パリ16区にある魚の専門店での仕事を経て現在は7区にあるレストランで料理人として働いている。
「お家でレストラン」は依頼する事数回目になるが、今回は日本から親戚が集まっている事もあり、大変楽しみにしていたのであった。
料理人シゲは5時半ごろに奥さんのサワを連れて家に来てくれた。
すっかり下ごしらえも出来ており、後は仕上げを我が家で行うのみ、という素晴らしいプロ振りに私は早くも大感激。

この日は丁度私もモーレツに忙しい日程をこなしており、家に帰れたのは7時ごろ。
さっそくサロンにて食前酒を振舞う。

実は私は最近食前酒にはまっていて、美味しい食前酒を飲むために数々の志向を凝らしているのである。
〔食前酒のブログは追々書きます〕
この日は、私のオリジナル、カルバドスと赤ワインのプルーンのカクテル。
サロンでゆっくりサービスして、皆で乾杯。もちろん、シゲ・サワも。

30分間くらいの食前酒を楽しんだあと、皆は食堂へ移動。
すっかり準備の整った我が家の食堂はまるでレストラン。

サワが施してくれたテーブルコーディネートは彼女の抜群なセンスが生きている。

f0053008_10292167.jpg


まずは、シャンパンで乾杯。
実はこのシャンパングラスは、私のコレクションの一つ〔実は私はグラスフェチ〕
これはパリ7区にあるアンティーク・ショップで見つけた、1930年のシャンパングラス。
当時のガラスは現在のガラスと色が異なるので、違った雰囲気を持っており、それがたまらなく可愛い。
一つづつが手作りのため、足のひねりが全て異なるのも何とも言えないし、ガラスが凄く薄くて華奢で、私のお気に入りである。〔説明が長くなってしまったが〕

シャンパンと一緒に出てきたのは、前菜。

f0053008_10295488.jpg


大皿に盛られているのは、アンディーブに乗せられたタコ。そしてカリっと焼かれたバゲット〔もちろん自家製〕にもタコ。
そしてアプリコットのコンフィチュールにクリーム・チーズの相性がたまらず・・・
我が家の食堂は最初から大歓声が上がる。

あっという間に前菜を平らげる。

次ぐお皿は今が旬のホワイトアスパラとベーコンのスープ。

f0053008_10301031.jpg


ベーコンはカリカリに焼かれていて、アスパラの邪魔をしないように、ほんの二欠片
だけ入れてある。
ホワイトアスパラとブイヨンの素晴らしいバランス・・・香り・・・
皆無言・・・このスープ・・・絶品!!これ以上書きようが無いほどの美味しさであった。

そしてお皿はお魚へと進む・・・

続きは次回。
お魚とメインのお肉へ・・・

お楽しみに。
[PR]
by yboulangere | 2008-04-14 10:30 | その他