La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

「謹賀新年2008」


新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変おせわになり、有難うございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

f0053008_11233067.jpg


フランスの新年というのは、何ともそっけないもので、クリスマスで其の年は終わり・・・
という感覚がある。
新年は、ただ、2007年が2008年に変わる・・・暦が変わるという認識でしか無い。
ヨーロッパにおいては、アジアのように、新年に対する強い思いは無いのである。
それは、宗教的なものであると思う。

新年になって、静まり返っていたパリの街に活気が戻ってきた。

今日は皆が待ちに待った、エピファニー。キリスト教の公現際である。

★★★公現祭(こうげんさい、ギリシア語:エピファネイア(επιφάνεια 現れ、奇跡的現象の意))は、人としてこの世に現れたイエス・キリストが神性を人々の前で表したことを記念するキリスト教の祭日。〔ウイキぺディア百科事典参照〕★★★

そう、エピファニーから食べ始めるのが、今や日本でも名前を知られ始めた、「Galette de Roi」ガレット・デ・ロワ!!
ウチのお店では、昨日から販売を始めたのであるが、昨日今日の2日間で、何と、300個のガレットを完売。

弊店のガレットは、一種類。
フィュタージュにアーモンドクリームを挟んだ、クラッシックタイプ。
今日日曜日は、お店の外までの行列が切れず、一日中大忙しでだった。

f0053008_1124432.jpg


最近は、商売目的で、早くからガレットを販売したり、色んな味のものを販売したりと、可也伝統がくずされている感も否めないが、
それでも、弊店は、王道を突き進み、悪魔でも、クラシックを通している。

この、ガレット・デ・ロワと同じ様に、中にフェーヴ〔小さな陶器のおもちゃ〕を入れて販売するのが、ブリオッシュ・ボードレーズ。
こちらも、王冠と一緒に販売する。
ブリオッシュで出来た、王冠のパンである。

f0053008_11241842.jpg


ガレットも、ブリオッシュもどちらも超人気の商品で、エピファニーを迎えて、ようやくヨーロッパの新年に活気が出てくる。

1月3日に行われた、ガレット・デ・ロワ コンクールの結果も、そろそろ発表になるころ。
結果は追って、ブログにてご紹介する予定。


クリスマスから、ガレットまで、食べて食べて食べまくりの年末年始。
ガレットが終わったらちょっとダイエットしなくては・・・というこのごろである。


本年も、フランスの美味しい情報を発信していきます。
どうぞ、ご愛顧くださいませ。
[PR]
by yboulangere | 2008-01-07 11:24 | お菓子