La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

『Paris Boulangerie Pa^tisserie 私の仲間達』

f0053008_10574482.jpgNo,1
Boulangerie-Pa^tisserie
Sylvain et Benjamin HERVET
49 rue des E´tats Ge´ne´raux 78000 VERSAILLE

★アクセス★ パリ モンパルナス駅から 15分
RER C 線 VERSAILLE CHANTIERS 下車1分

パリ、モンパルナス駅からRER C線に乗り、パリ近郊にあるヴェルサイユへ。
お馴染みのヴェルサイユ宮殿のある、高級住宅街である。
駅を出ると駅前広場があり、丁度駅の真向かいにベンジャミンのお店がある。

Benjaminは、英語読みするとベンジャミンだが、フランス語読みだと、バジャマンになる。
なので、以下、バジャマンで。

バジャマンは私の夫の親友で、その昔、ラデュレというお店で一緒に働いていたのだそう。
オーナーシェフパティシエである。
二人はとっても仲良くて、今でも若い頃の友人のまま、じゃれあっている様に感じた。
が、一転、仕事の話・・・そう、お菓子の話になると、流石にプロ中のプロの二人は真剣そのもの。。。
ショコラがどーの、とか、生地がどーの、とか、お菓子談義が始まる。
一流のお店で働いていた二人は今は二人とも、オーナーシェフとなり、おのおのが自信を持って素晴らしい作品を目指して日々格闘している。
その姿はホントに凛々しくて頼もしい。ヨーロッパの食文化を背負っている彼等である。

ここを訪問した日も、もうすぐやって来るヴァカンス・パック(キリスト教のお祭りで日本ではイースター)の際に製作する造型ショコラの話しで夢中・・・
間もなく、あらゆるお菓子屋さんでは、パックの準備で多忙を極める。
中でも、パックに欠かせない、ショコラで作る卵とか、鶏・・・
キリストの再生を象徴するお菓子だそう。
今年はどんなショコラを作ろうかと、夫のロドルフとバジャマンは夢中で教本を前にして、あーでも無い、こーでも無い・・・。
パン職人の私には余り興味の無い話につき、私は一人、パンの厨房へ・・・
やっぱり私にはショコラの香りよりも、小麦の香りの方が落ち着くらしい。。。

バジャマンのお店は、オーナーがパティシエと言う事もあり、お菓子はヴェルサイユ地区では一番のクオリティを誇っている。
また、パンもシェフのこだわりから、時間をかけてゆっくりと熟成させる製法を取り入れている。
バゲットはトラディッショナルが主流で、スぺシオの種類も豊富である。

2006年2月より、私の会社Yoshimi Boulangere が企画する短期、長期の研修生(プロ、アマは問わない)の受入先として契約が成立。
早速2月から、短期の方(アマチュア&プロ)は2日間、長期の方は4週間の本場での職場体験研修の2名が決まっている。
また、このお店では、マカロン教室の企画も行う。
体験といっても、実際に販売する商品の製作をお手伝いさせてもらえるという、弊社独自のプログラムである。
もちろん、掃除・・・もプログラムの一つ???であるが。
ちゃんとディプロム(修了書)もいただけるのである。

皆さんも旅の合間に本場フランスでの実際の現場で、なんちゃって職人体験なんて、いかが?f0053008_10575570.jpg
f0053008_1058424.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-02-09 10:58 | ヨーロッパ