La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

ブーランジェリーフランセーズ 


「美味しいパンの見分け方」

★感覚的見地から 2 ★

昨日は、美味しいパンの選び方は、
①お店に入った時に食べたいと思うパン。
というのをお話した。
この内容については、昨日のブログをご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日お話する 「美味しいパンの見分け方」は、
②買うつもりが無かったのに、トレーに乗せてしまうパン。

f0053008_1891276.jpg


こちらにはとても深い理由があるのです。

まず、トレーに乗せた最初のパンは、食欲に左右される。
そして、買い進んで行くうちに当初パン屋さんに来るまでに、買う予定にしていたパンを一通りトレイに乗せてしまう。
「これで買い忘れは無いかな・・・」なんて考えながら、ふと足が止まる。
何となく、もう一つトレーに乗せてしまう・・・買うつもりは無かったのに。
・・・皆様こんな経験は無いですか?

そう、これが「美味しいパン」なのです。

f0053008_1892839.jpg


何故か?

最後にトレーに乗せてしまった「買うつもりの無かったパン」には、目に見えない「商品力」というのが備わっていたのです。
パン自体が、「私を食べて」と言わんばかりに、オーラを発している。
これは、もしかしたら、シェフのお気に入りのパンなのかも知れないし、その時力を入れて製作している商品かも知れない。
そのパンには特別の思いが込められているのです。

だから、そのパンはきっと美味しいに違いない。

f0053008_18263918.jpg


もちろん、これはパンだけに言える事ではありません。
販売戦略、顧客満足・・・なんだか、変なフレーズですが、作り手とお客様の気持ちが通じるとき、それが不思議な商品力となる・・・

次回パン屋さんでパンを買うとき、ちょっと意識してトレイに乗せてみてはいかがでしょう?
シェフの愛情が伝わってきますよ。

f0053008_18262861.jpg

[PR]
by yboulangere | 2006-09-05 18:26 | パン