La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

「イタリア・ミラノ食ベ歩きの旅」

No.4 グリッシーニ一日修行・・・その2
http://www.yoshimi-boulangere.com/itindex.html

ホイロから出ていたグリッシーニの生地は程よく発酵していて、もっちりした感覚。
フランスで作るパンの生地に比べると、色がかなり白い。
小麦が漂白されているのか、イタリアの小麦の品種なのか・・・
聞きたかったけど、何せ、言葉が全く通じないものだから、質問どころでは無い。

いよいよ成型。
成型が始まる頃には、ルーカという男の子と、ヴェネッサという女の子がやってきた。
二人ともとっても優しい人。
さて、4人になった。

成型は、生地が乗せてある2メートルほどある板を成型台の真ん中へ渡し、丁寧に生地一つづつをク-プパットでカットしていく。
その生地を両手に持ち、両手を広げながら、指で上手く先を整えていくと80センチ程の長さのグリッシーニが出来る。

f0053008_16491676.jpg


この成型の様子を言葉で上手く表現できないのがとても残念。
とにかく、生地は伸縮性に富み、グルテンがしっかりと出来ていて切れる事が無い。
小麦の品質であろう。

生地の感触も、フランスのパンの生地とは全く違い、ふんわりとしている。

f0053008_16484350.jpg


最初に「スペシャル」とういうのを成型。
「スペシャル」は、成型した生地の上にたっぷりのオリーブオイルを刷毛でぬる。
オリーブオイルは塗るというよりは、浸すに近い。
なんと、この朝だけでオリーブオイルを5リットルも使ったから、その使い方は尋常ではない。

f0053008_16485843.jpg


次に「ぺペロンチーノ」
スパゲティの名前として、私達は知っているが、オリーブオイルと唐辛子である。
分割前にオリーブオイルを塗り、唐辛子を散らしてカットしていく。
辛そうであるが、おいしそう。

グリッシーニ作りはまだまだ続く・・・

明日は・・・グリッシーニ一日修行・・・その3
[PR]
by yboulangere | 2006-07-12 16:37 | パン職人