La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

今年も後3日

あっという間にフランスに戻り、あっと言う間に仕事再開。
結局休んだのは、飛行機の中だけという、何時ものパターンである。

久しぶりのパリのお店。やはり我が家は一番良い。

ノエルの余韻がまだ残るお店には、残ったブッシュ・ド・ノエルが少しだけショーケースに。
f0053008_226574.jpg


定番の小さなお菓子も沢山並ぶ。
f0053008_2454136.jpg


トラットリアのケースには、ノエル時期限定の自家製フォアグラのパテが並ぶ。
f0053008_247050.jpg


冷凍ケースには、グラス(アイスクリーム)のブッシュ、そして自家製アイスの盛り合わせが。
f0053008_2282718.jpg


お店の中央には、マカロンのピラミッド。
f0053008_2295133.jpg


そして変わらない、バゲットが並ぶ。
f0053008_23154100.jpg


日本と違い、フランスでは年越しに感慨深さは無く、単に2010年から2011年になる、と言った具合で、日本の様に仕事納めとか、納会、なんてものは存在しない。
フランスのブーランジェリー・パティスリーは、クリスマス前後一週間は一年で最も忙しい時期で、お店で新しい年を迎える、なんて事もあるくらいだ。

その代わりに、1月中盤に全店の従業員を対象に、我が家で盛大な新年パーティを開催するのが恒例となっている。

今週、私たちの3店のお店では、大晦日の対応と、既に4日後に迫ったエピファニーの準備で大忙しだ。
私たちの冬休みは、パリでパン屋を営んでいる以上、一生味わえない「夢の休暇」なのである。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2010年も「パンとお菓子の魔法の扉」を愛読していただき有り難うございました。
2011年には私のこのブログも6年目に突入します。
今後もフランスのパンとお菓子を中心に、私が見た食文化をお届けして参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

どなた様も素敵な2011年となります様に。よいお年をお迎えください。

Yoshimi LANDEMAINE ISHIKAWA
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]
by yboulangere | 2010-12-30 02:49 | パリ