La Baguette magique de la gourmandise     **食いしん坊の魔法の杖**

boulangere.exblog.jp
ブログトップ

「食の都リヨンから」

〜グルメなお散歩 Vol,1 旧市街編〜

去る1月24日から28日までリヨンで開催されたSIRHAの視
察の為、弊社東京オフィスの専務と二人でリヨンを訪れた。

f0053008_19123563.jpg


リヨンはパリから約500キロ南下した所に位置しており
パリからTGVで2時間の距離にある。
リヨンの市街地は旧市街と新市街との二つからなり、
二本の川を境に古い街並みと、近代的な街並みとに分かれている。

f0053008_19211469.jpg


旧市街は小さな路地が沢山交差する小路が約2キロに
渡って川に沿って伸びており、小高い丘の上には市街
地を見下ろすようにノートルダム寺院が聳える。
ノートルダム寺院はパリで言うとモンマルトルの丘の
サクレクール寺院に似たたたずまいで、リヨンに文化的な美を感じさせる。

f0053008_1916923.jpg


旧市街地のを歩いていくと、商店街があちらこちらに現れる。
もちろん、パン屋さんも。

f0053008_19171788.jpg


リヨンの名物はアーモンドを赤いお砂糖でコーティン
グした“プラリネ”。
リヨンの町を歩いているとパン屋さんのショーウイン
ドウには必ず、プラリネを使ったブリオッシュやタル
トが売られている。

f0053008_1917465.jpg


プラリネはタルト生地やブリオッシュに乗せてオーブ
ンで焼かれ、アーモンドの回りのお砂糖が溶けて、丁
度キャラメルの様な食感になる。
練っちゃりとした甘い、香りはそんなに無く、噛んで
いるとアーモンドに当たり、歯ごたえがある。

f0053008_19181179.jpg


アーモンドは丸いままではなく、細かく砕かれてい
て...というか、おそらく、形の揃わない、品質的には
高級ではないアーモンドを使った、
貧しいお菓子なんだろうと想像できる。
きっと、昔、くだけた高級ではないアーモンドを、そ
れでも、美味しく贅沢に食べたいと工夫されて食欲を
そそる「赤」という色でコーティングしたのが現在に
受け継がれているのではないかと、安易に考えられる。

f0053008_19184394.jpg


リヨンはマリオネットが発展したところで、レストラ
ンのショーウインドウで良く見かけるし、博物館もある。
また、ミニチュアの博物館等もあり、手先の器用な職
人さんが沢山いた街だったのかもしれないと思われる。

旧市街地はパリの旧市街地と異なり、壁もペンキで色
をつけただけの単純なもので、
パリのように彫刻が施されている建造物は少ない。
リヨンと言えば、フランスでも副都心くらいの規模で
話される都市だが、なんとなく物淋しさを感じる街である。

f0053008_19193581.jpg

次回は...「食の都リヨンから」
〜グルメなお散歩 Vol,2 マルシェ編〜
[PR]
by yboulangere | 2009-01-29 19:22 | フランス